« 夏休み--ネットでも子どもの安全対策! | トップページ | 夏休み企画 インテルMacでLinuxを満喫しよう »

2006/08/15

8月15日の首相靖国参拝

小泉首相のおっしゃることも理解できないわけではないが、近隣諸国の国民感情をもっと考慮して欲しいと、個人的には思いました。

リンク: イザ!:8月15日の靖国参拝、過去に三木氏ら4首相-政治もニュース. (以下、同サイトより引用)

終戦記念日である8月15日の現職首相による靖国神社参拝は、昭和60年の中曽根康弘氏の公式参拝以来で21年ぶり9回目だ。50年に初めて参拝した三木武夫氏以降、中曽根氏までの間は大平正芳氏以外の歴代首相(4人)が8月15日に参拝。だが、中曽根氏の公式参拝で中国の批判を受けてからは途絶えていた。

PR: これは現実です。

  generated by feedpath

|

« 夏休み--ネットでも子どもの安全対策! | トップページ | 夏休み企画 インテルMacでLinuxを満喫しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3760/11443605

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日の首相靖国参拝:

» 8月15日を避けても批判、反発は変わらない [今話題の情報を集めています。]
 小泉純一郎首相は15日午前、終戦記念日の靖国神社参拝について「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」と述べ、01年の自民党総裁選時の公約実現を優先した理由を説明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。  近隣諸国への配慮から「8・15」を見送ってきた過去5年の参拝との整合性に関しては「最初、多くの方々が8月15日だけはやめてくれと言ってきた。あえて15日を避けて参拝してきた。しかし、いつ行っても騒ぎにしようという勢力がいるんですか...... [続きを読む]

受信: 2006/08/26 23:03

« 夏休み--ネットでも子どもの安全対策! | トップページ | 夏休み企画 インテルMacでLinuxを満喫しよう »