« マイクロソフト、定例外のセキュリティ更新プログラムを提供へ | トップページ | 仕事評価されず立腹 元勤務先のデータ破壊 »

2009/10/01

ネット管理「米独占」から転換 ドメイン多言語化に弾み

ドメイン名を多言語化するということは、ある国の人がその国のウェブサイトを閲覧したり、国内の相手とメールを送受信する分にはいいでしょう。

けど、海外を相手にするとなると、相手の国の言語で入力する必要があり、OSなり、FEPは各国の言語を入力できる機能を提供する必要が出てくると思うんだけどなぁ。あと、どうやって入力すればいいかを、入力する本人が習得する必要もあると思う。

リンク: NIKKEI NET(日経ネット):国際ニュース-アメリカ、EU、アジアなど海外ニュースを速報. (以下、リンク先より引用)

インターネット上の住所に当たるドメイン名を管理する米民間団体ICANNは30日、米政府以外の関係者も意思決定に関与できる独立した運営体制に移行すると発表した。ネット管理はこれまで米商務省の委託を受けた同団体が独占し、批判を浴びてきたが、多くの国による管理への移行でドメインの多言語化などに弾みがつきそうだ。

|

« マイクロソフト、定例外のセキュリティ更新プログラムを提供へ | トップページ | 仕事評価されず立腹 元勤務先のデータ破壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネット管理「米独占」から転換 ドメイン多言語化に弾み:

« マイクロソフト、定例外のセキュリティ更新プログラムを提供へ | トップページ | 仕事評価されず立腹 元勤務先のデータ破壊 »